メニュー

ご挨拶

 

地域の皆様へ          高橋先生(顔写真)                         

皆様、こんにちは。        

この度、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群、あるいは高血圧や高コレステロール血症などの生活習慣病を診療科目とした、「大船 睡眠・糖尿病内科」開設の運びとなりました。

私は大学を卒業後、北海道大学医学部循環器内科に所属し、主に北海道で急性心筋梗塞や狭心症、心不全などの救急医療に携わり、外来では不整脈などを含めた心臓病、あるいは高血圧や糖尿病、高コレステロール血症などの生活習慣病を10数年にわたり診療して参りました。

しかし、多忙な毎日と不摂生の影響で自身の体調を崩し、大病にもかかり、約1年ほど療養生活を余儀なくされました。この間、度々の入院や手術を受け、外来通院なども行い、患者として医療を受けると共に、多くの医療関係者から励ましの声や暖かい応援などを頂戴し、目が覚めると共にそのありがたみを痛感しました。

病気をするまでは24時間ポケットベルを持ち、病院のそばで住まいしていると、気も心も休む暇がありません。仲間や研修医と過ごす時間は楽しくもハードであり、救急車が立て続けにやってくると自宅に帰る暇はありません。二日、三日と病院に寝泊まりして、ICUやCCUと当直室を行ったり来たりの時間が続きます。いつもピリピリして、ゆっくり患者様と向き合う時間も心のゆとりもありませんでしたが、このままではいけないよ、気が付きなさいよと神様が病気というきっかけを私に下さったのだと思っています。

その後、運よく医者としての仕事を再開することができ、様々なご縁を頂戴し、諸先輩方のご指導もあって日本糖尿病学会の専門医と、日本睡眠学会の認定医を頂戴できました。また、診療におきましては、患者様の話に耳を傾けることができるようになり、結果が悪くても、外来での約束が守れなくても、患者様を心から応援する外来に努めることができるようになりました。

しかし、糖尿病という病気は残念ながら、今でも失明したり、足を切断したり、腎不全から透析生活を余儀なくされる方々が多くいらっしゃいます。そのような方々からは、もっと早く知っていればこんなことにならなかった、もっと強く言ってくれれば気づいたのに、という後悔の声を度々お聞きします。その通り、糖尿病は合併症を予防すべき病気です。そして、この日本には糖尿病およびその予備軍の割合は、3人に1人と急ピッチで増えているのです。

また、睡眠時無呼吸症候群では重症になればなる程、高血圧、狭心症や心筋梗塞、あるいは脳卒中などの危険性が高くなります。重症の方は、主にCPAPなどで治療をすると危険性は減るのですが、このCPAP療法は決して楽な治療法ではありません。

私はこの大船で、糖尿病の専門医として糖尿病の診断や治療、糖尿病予備軍の方々の予防、あるいは未病へのお手伝いといった糖尿病全般に関する診療を行ってまいります。

一方、睡眠の専門医として、睡眠時無呼吸症候群に特化した診断、CPAP治療のサポートや未病への広報活動を行ってまいります。

また、循環器専門医として高血圧や高コレステロール血症などの生活習慣病や循環器疾患のフォローアップなどの診療を行って参ります。

しかしながら、私共の医療機関が皆様のお手伝いを十分にさせていただくためには、何よりも皆様の前向きな取り組みとご協力が是非とも不可欠です。

私共は、皆様に身近なこれら疾病に対し、皆様の身近なクリニックとして二人三脚で向き合い、地域の健やかな暮らしに貢献してまいりたいと考えております。

 

院長 高橋 正典

略歴

  • 平成3年 秋田大学医学部卒業
  • 平成4年 市立函館病院 内科・麻酔科研修
  • 平成6年 北海道大学医学部附属病院 循環器内科
  • 平成10年 大阪大学医学部 研究
  • 平成14年 市立函館病院 循環器科
  • 平成15年 北海道大学大学院修了
  • 平成22年 湘南鎌倉総合病院 糖尿病内分泌内科・睡眠時無呼吸
  • 平成26年 大船中央病院 糖尿病内科・睡眠時無呼吸
  • 平成28年 大船 睡眠・糖尿病内科 開設

 

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本内科学会  認定内科医
  • 日本循環器学会 専門医
  • 日本糖尿病学会 専門医
  • 日本睡眠学会  認定医
  • 日本温泉気候物理医学会 温泉療法医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本ACLS協会 AHA認定ACLSインストラクター

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME