メニュー

フットケア 2016年8月号

[2016.08.09]

糖尿病をお持ちの方にとって足のお手入れはとても大切です。糖尿病は足のトラブルと深く関係しています。糖尿病神経障害によりけがをしても気づかなかったり、高血糖による免疫力の低下で傷が治りにくかったり、他にも動脈硬化による血流障害などいろいろな要因で、小さい傷でも壊疽、潰瘍、足切断となる場合があります。年間約3500名の方が足をなくされています。足は第2の心臓と言われており、立つこと、歩くこと以外にも大切な役目をしています。

糖尿病足病変を予防するためには、足の観察がとても重要です。毎日1回は足を見て、触って異常がないか確認してください。そして足のことで気になることがあれば、受診の時にご相談してください。

あなたの足はどんな足?

hito足の形には、主にギリシャ型、エジプト型、スクエア型の3タイプがあります。それぞれのタイプによって、靴擦れができやすかったり、外反母趾になりやすかったりします。

また、同じサイズでも合う靴が違います。あなたの足はどのタイプですか?ご自分の足をよーく見て合う靴を履いてくださいね。

 

ギリシャ型:第2趾(足の指し指)が一番長い

エジプト型:母趾(足の親指)が一番長い

スクエア型:母趾と第2趾がほぼ同じ長さ

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME